愛知県知事リコール署名「8割が不正」の衝撃、自らの氏名住所が不正利用されていないかの確認方法(大濱崎卓真)

田原市長のも開示請求によって、署名簿に名前があることが発覚した。 書いてません」 住所と名前が一致する人物はいましたが、「署名を書いていない」ことが明らかになりました。

8
驚きました」 水野さんによると、なんと300余りの署名が、たった2人の手によって書かれた可能性があるといいます。

愛知知事リコール不正疑惑 県警が署名簿を押収(2021年2月24日)|BIGLOBEニュース

大村知事「組織的関与の真実解明を」. この問題について中日新聞は16日の朝刊で、活動に協力した名古屋市の広告関連会社の下請け会社が人材紹介会社を通じて集めた多数のアルバイトが、佐賀市内で愛知県民の名前や住所が書かれた名簿を署名簿に書き写していたと報じました。 先日本サイトでもお伝えしたように、署名の8割超に不正が疑われるとして愛知県選挙管理委員会が刑事告発、さらに署名偽造にアルバイトが動員されていたことが発覚する事態となった。 量から見て計画的です。

20
河村市長は同日の定例会見で「リコールは国民の大事な政治活動。

愛知知事リコール不正で『赤毛連盟』連想 シャーロック・ホームズの名作: J

辛坊)大村知事のリコール問題なのですが、これ、報じられてからすごい気になることがあって。

5
2月16日 - のコーナー「」に寄せられた情報を基にしたと西日本新聞の共同取材の結果、名古屋市内の広告関連会社の下請け企業がを雇用し、のにおいて偽造された署名の転記作業を行わせていたことが発覚。

愛知県知事リコール不正署名

高須は「大将が責任を取ると言ったら絞首刑になっても打ち首になっても受け入れると言うことです。

2021年2月24日閲覧。 そのストーリーを知っているネットユーザーからは、「令和の赤毛連盟が掘っていたのは墓穴」というオチも投稿されている。

知事リコール署名に不正疑惑…「同一人物が複数書いた疑い」 住所に向かうと「書いていない」の声も

愛知県知事リコールは最初から無理だろうと言われていました。 同日 - 高須は続いてTwitterを更新。 愛知県の大村秀章知事(60)のリコールを求める署名の8割以上が無効だったという報道について、懐疑的な見解をつづった。

21年2月15日、県選管が地方自治法違反容疑で被疑者不詳のまま愛知県警に刑事告発し、刑事事件に発展する可能性が高まっている。

愛知県知事リコール不正署名

洞山和哉 2019年5月3日. 「国民、県民にとって恥ずかしいことをする知事は支持できない」と述べた。 (共同). は戦後民主主義の根幹だ。 大村と河村の対立が深まる。

4
杉江繁樹県議も身に覚えのない自身の署名が情報開示で判明したと取材に答えた。 提出された署名のうち83%にあたる約36万人分を無効と判断した。

愛知県知事リコール署名の不正について。

大村知事をリコールします。

8
主人が書写のアルバイトで出かけて留守の間に、犯人らは質屋の地下に穴を掘り、隣にある銀行までのトンネルを作って金庫破りをする段取りだった。