昭和62年・昭和64年の500円玉の価値は?気になる買取価格とオススメ業者をご紹介!

画像つきで紹介していますので、手元に名前のない500円硬貨をお持ちの場合も照らし合わせて探してみてください。

16
皇太子殿下御成婚記念 5万円金貨 65,000円• 写真のコインは35万9000円で落札されたそうです。 このほか、 貨幣カタログというものがあります。

【知ってた?】500円玉の表裏面にはこんな秘密が隠されている!

2002年11月24日時点のよりアーカイブ。 100円玉 昭和36年、昭和39年、平成13年、平成14年 製造枚数が少ないため、150円から1000円程度の値がついています。 10円の希少価値が高い年代• 基本的には数の少ない硬貨は希少価値がつくので、 高額で売れるのである。

50円玉 昭和33年、昭和35年、昭和36年、昭和60年、昭和60、昭和62年、平成12年,平成13年,平成14年 特に 昭和62年のものは、極端に少なく、1万円以上の値がついたケースもあります。 ああ、他硬貨にはない安心感を与えてくれる500円玉。

【古銭買取】500円玉の価値・価格の一覧まとめ!相場はどのくらい?

ですがプレミアと呼ばれる年号があります。

1
平成31年の100円玉の製造枚数は3億200万枚で、昭和44年と同じ位の製造枚数で、昭和44年の100円玉は製造後51年が経過していますが、価値は100円のままで、希少性は有りません。 平成31年貨幣の製造枚数計画 平成31年4月1日にから平成31年度の貨幣の製造枚数計画が発表されました。

1円玉が200万円に化ける!?貴方の財布の中にもあるかもしれない高価値のコイン

二千円札も流通量は実際には多かったのでまだ高値で売るのは難しいと思います。 昭和32~33年 銀紙幣 鳳凰• この製造ミス1円玉コインは280万円で落札されました。

7
その分、令和元年の硬貨はよく見つかるので希少価値は生まれません。 ネット検索をしてみればすぐにみつかあるのでリサーチしておくといいだろう。

平成31年と昭和64年 硬貨買取価値と知らないと損する硬貨の話

。 現在も通用可能な10円以上の額面の硬貨で、自動販売機で使用できない比率が高い硬貨は、この初代500円硬貨と昭和33年銘以前の10円硬貨()の2種類とされている。 このページでは説明するのはあくまでも500円硬貨の目安の価値や買い取り相場ですので、先に500円硬貨の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

10
この記事の海外に対する反応 子供のころに集めてたコインの中にお宝が有るかも。 50円の希少価値が高い年代• 500円玉• ここで、その例を紹介しましょう。

昭和57年から平成11年の500円白銅貨(五百円玉)の買取価格

上記以外に、古い年号でも状態が良いもの、またエラーがあるもの等については高い価値がつくものがあります。 加えて『1000円・5000円・10000円の新紙幣』も2024年(令和6年)から発行されます。

1
昭和64年硬貨の価値は? 昭和という時代は 昭和64年1月7日で幕を閉じました。 昭和32年 ギザ付き… 50,000 製造枚数• 年銘では昭和62年銘の製造枚数が最も少なく(277万5千枚)、昭和64年銘がそれに次いで少ない(1604万2千枚)。

2021年(令和3)から【新500円硬貨】が発行~今使用する500円玉は今後も使用可能です~

主な手口としては、変造した ()を投入して「返却レバー」を操作し、自動販売機に蓄えられていた真正の五百円硬貨を取り出すというものである。 今回も、31年の干支、猪と己亥(つちのい)の文字が入っています。 それぞれの硬貨の額面の価値は各国のの変動による。

平成26年… 7538 製造枚数• 昭和64年の硬貨もこの例にもれず、高いプレミアム価格が付くことはありませんでした。 平成から令和への元号の変わり目の年となったの五百円硬貨については、平成31年銘の発行枚数が1億2616万4千枚だったのに対し、令和元年銘の発行枚数は7695万6千枚となり、令和元年銘の方が少なくなったのみならず、令和元年銘の五百円硬貨は、2代目五百円硬貨としては初めて1億枚を切って最少枚数の記録となったが、2代目五百円硬貨では、いわゆる特別年号(特年)と呼ばれる、未使用硬貨が古銭商などで額面を超える価格で取引されるほど発行枚数の少ない年銘は出ない見通しである。

昭和57年から平成11年の500円白銅貨(五百円玉)の買取価格

平成時代の日本では、記念硬貨は多数の種類が製造発行されているが、この2代目五百円硬貨(五百円ニッケル黄銅貨)は、日本で平成時代に新規の仕様で発行された唯一の通常硬貨である。 プレミア硬貨は知らず知らず意外なところに紛れこんでいる可能性がありますので、ときどきお財布の中の硬貨をチェックしてみるといいかもしれません。 単純にこの枚数を12で割ると、「93,607千枚」となります。

8
ですが、昭和62年・昭和64年の500円玉はとにかく 発行枚数が少なく希少性が高いため、キズや汚れがあっても 充分に買取が期待できますよ。