さくのとの罰ゲーム(くすぐり小説)|かえざくら|note

そして、春海は眠った。

14
異世界転生• 勝っても負けても複雑な気持ちだ。 」 さっと紙を取り上げてホチキスで綴じる桜乃。

さくのとの罰ゲーム(くすぐり小説)|かえざくら|note

登録必須キーワード• 「まだダーーメ!!」 「授業が終わるまで、あと15分以上もあるもん。 俺はある意味歓喜の声で良いのかどうなのか。

実質、親は共働きで、家に帰っても居ないから、いつもビーチサンダルを履いて、山の中で遊んでいた。

さくのとの罰ゲーム(くすぐり小説)|かえざくら|note

伝奇 文芸 ヒューマンドラマ• 」 テストまでは2週間ほど。 「きぃーーー!きゃはっはっはっはっは!!や、やめ・・・きゃはははははーーー!!」 全身をくすぐられるその耐え難いくすぐったさに、 明美は縛られた四肢を激しく震わせて笑い悶え始めた。 僕の住んでる場所は、同級生たちの家よりもさらに山奥にあった。

14
「何よその態度はーーー!?」 明美の態度に、女子高生達は気を悪くしたようだった。 作者名 すべてのチェックを解除した場合、すべての項目がワード検索の対象となります。

リンク(くすぐり個人サイト)

」 明美はくすぐったさに耐えかねて、女子高生達に必死に許しを乞うたが、 そんな笑い悶える明美の姿を楽しそうに観察しながら、 女子高生達は彼女をくすぐるのをやめなかった。

「わたし、このお風呂に入りたいの。 「それから・・先生を・・先生の気がおかしくなるまで・・・身体中をくすぐり続けなさい。

tosiのホームページ くすぐり小説(小学生)

」 昨日、明美を「くすぐりリンチ」にかけた7人の女子高生達は、 そう答えると、9つの机を組み合わせ、ダブルベットぐらいの「くすぐり台」を作った。 「まあどっちでもいいわ。 「これでO-K-!」 「ちょ、ちょっと待って!!ひょっとして・・・!?」 身動きできなくなった明美が不安そうに言う。

」 「あたしは脇腹がいいー。

春海のくすぐり拷問

オリジナル戦記 ローファンタジー• 悪役令嬢 現実世界• 「ねえ・・・ねえ・・・もう許して・・・」 残った2人の女子高生に、全裸で磔のままの明美が許しを乞う。 親戚には、明日、電話することにした。

5
やっと俺の番が来たと思った時にはもう並び始めて30分も経過していた。 当物語は、この企画内の設定を使って書いてみました。

百合少女が仮想現実でくすぐりを楽しむ

お礼を言って二人で家を出る。 ビーチサンダルを履いた左足なら、この人にダメージを与えられると思った。 30分間ノンストップくすぐり後の全裸でくすぐられるというのは、春海の精神を削るという点では物凄い効果を発揮しており、事実春海は今逆らう気すらなかった。

正直匂いだけで満足出来るレベル。

小説を読もう!

しょうがない、今はお風呂に入ってリラックスしよう。 「ねえねえ、人間ってどれくらいくすぐられたらおかしくなると思う?」 女子高生の1人が言う。

4
中でも春海が惹かれたのは、『血行促進、体の汚れを取り除きます』という文が書かれた温泉だった。 ハーレム• 」 音楽室にいた女生徒全員が、その言葉を合図に、明美の全身をくすぐり始めた。