海洋・宇宙|成長戦略ポータルサイト

内閣府政策(科学技術政策・イノベーション担当)• その施策をし実現に向け推進及び総合調整すること。

13
経済産業部• こうしたことから、海外への売り込みを図るため、日本政府及び関係機関の人工衛星における採用実績をアピールしたい場合もあると思われます。

宇宙開発戦略本部

経済産業省、内閣府宇宙開発戦略推進事務局は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、楽天(株)に協力を要請し、(株)自律制御システム研究所、三菱電機(株)、(一社)日本ドローンコンソーシアム、(公財)埼玉県公園緑地協会とともに、熊谷スポーツ文化公園内の「彩の国くまがやドーム」(埼玉県熊谷市)内で、準天頂衛星システム「みちびき」の高精度測位情報をドローンの自律飛行制御に活用し、物流分野でのピンポイント配送(1m四方以下のターゲットへの着陸)を想定した実証実験を、国内で初めて行いました。 出典JAXA 宇宙開発利用の推進において大きな成果を収め、先導的な取組を行うなど、宇宙開発利用の推進に多大な貢献をした事例に対し、その功績をたたえることにより、我が国の宇宙開発利用の更なる進展や宇宙開発利用に対する国民の認識と理解の醸成に寄与することを目的としています。 この改定は安全保障に関わる宇宙政策の具体化に重点が置かれ、を7基に増やすこと、の高性能化を進め配備数を増やすこと等が明記された。

20
政策統括官(科学技術・イノベーション担当)• 内閣府では、宇宙開発利用に関する政策の企画及び立案並びに総合調整、準天頂衛星システムの開発・整備・運用等の施策の実施等を担当しています。

宇宙開発戦略本部

宇宙開発戦略本部令()• :青柳一郎• 長:田中茂明• SPECIAL 特集記事• 内閣官房内閣審議官()• また本部員には本部長・副本部長以外のすべてのが充てられる。

16
財務部• 最新情報は、内閣府の宇宙政策をご覧ください。 また等の各省庁が別々に宇宙開発計画をもっており、宇宙開発委員会が総理府から文部科学省に移管されてから は、国家として宇宙開発計画を一元的に策定・管理する体制にもなっておらず、国家として長期的な宇宙開発計画もなかった。

S-NET 宇宙ビジネス情報ポータルサイト

また、、、、内閣、内閣府、、、、、、、、、、、及び防衛省所管 のを共管する。 YOMIURI ONLINE 2014年1月16日• (同令第1条、第28条)• また研究開発等で各省庁間で重複し無駄が指摘される予算の執行に関しても改善が期待されている。 こうした反省を基にして、の指揮の下に国が一元的に宇宙開発に取り組む必要性が提起され、これを受けて(平成20年)にが成立し、同年に内閣総理大臣を本部長とする 宇宙開発戦略本部がに設置された。

特別職について、予算定員と行政機関職員定員令の定員に大きな差異があるのは、公正取引委員会等の独立行政委員会の場合、行政機関職員定員令の定員は事務局(国家公安委員会の場合は警察庁)の定員であり、委員会の委員を含まないこと、宮内庁の場合、行政機関職員定員令の定員は長官、侍従長等を含まないのに対し、予算定員にはこれらの者を含む ためである。

報道発表資料:「サブオービタル飛行に関する官民協議会」を設立します

この決定を実行するためにの下に4つの部会を設置することになった。

宇宙用部品・コンポーネントに関するお問合せ 宇宙用コンポーネント・部品メーカーの海外からの受注には、日本国内の人工衛星等での採用実績の提示が求められることが多いと認識しております。 SPECIAL 特集記事• なお、「沖縄及び北方対策担当」、「金融担当」並びに「消費者及び食品安全担当」の特命担当大臣は必置である。

報道発表資料:「サブオービタル飛行に関する官民協議会」を設立します

最初の宇宙基本計画は2009年6月に決定し、今後10年間を見通し2009年度から2013年度までの5年間の基本方針と実施すべき施策を取りまとめている。 経済産業省は、衛星データ、AIや画像解析用のソフトウェアが原則無償で利用可能なデータプラットフォーム「Tellus」を開発しました。

8
2018年3月31日現在、に登録された職員団体の数は、単一体団体1、支部等団体1となっている。

内閣府

(内閣府設置法第40条第1項)• かつては防衛庁も内閣府の外局であったが、1月9日にとして昇格し、廃止された。

日本経済新聞 2016年1月26日• 実験の結果、1m四方の枠内をターゲットとして、幅数cmの白線上にピンポイントで着陸させることに成功し、高精度なピンポイント配送が実現できることが分かりました。

幹部名簿 : 組織・業務の概要

取材の際は、社名入り腕章を着用し、現場担当者の指示に従ってください。

1
「内閣補助事務」と呼ばれる一連の所掌事務(内閣府設置法第4条第1項及び第2項)の他、他省庁と横並びの分担管理事務(同条第3項)も所掌している。