ランボー ラスト・ブラッドのレビュー・感想・評価

あと一歩のところで味方に裏切られたランボーは、敵地ベトナムに置き去りにされてしまう・・・。 第2作「怒りの脱出」において渓流でベトナム兵に射殺されたコーをランボーが土塚に埋葬する場面があるが、戦場で何十人もの敵を手際よく殺害する彼が人の死を悼む唯一のシーンであった、第4作までは。

それを知ったマードックは激怒し、ヘリでの救出作戦の中止を命令する。

ランボー/怒りの脱出とは

見どころは何と言ってもラスト30分あたりからでしょうか。 現地工作員を演じたヒロインのジュリア・ニクソンという女優は掘り出し物。 アクションの見せ方やスタローンの撮り方をちゃんと分かってる。

18
Amazonプライム・ビデオでデジタル修復版 4K UHD をレンタルして2回目の鑑賞。 刑務所に収監されていたが、元上司の指令により極東での機密作戦に参加することとなり、自由の身に。

ランボー/怒りの脱出 の レビュー・評価・クチコミ・感想

しかも、前半の何気ないやり取りなども伏線としてキチンと使われているのです。

14
そんな彼が最後に辿り着いた地は、米アリゾナ。 ちょっと雰囲気が似てると思いません? またまた話は飛びますが、1作目で右腕に負った傷(自分で縫った傷)が、この作品でもちゃんと残ってるんですよね。

ジュリア・ニクソンさん

そう言う国だし、娘も「脳ミソ花畑か?」と言いたくなる。 残虐アクション好きなら楽しめます。 他に出演・脚本・監督の三役を担ったのは、『パラダイス・アレイ』(78)と『ロッキー2』(79)。

13
製作総指揮 - 、• (気付かなかった人はもう一度ビデオで見直してみましょう。

ランボー/怒りの脱出とは

ステレオタイプな軍の裏切り。 『~最後の戦場』のラストシーンが思い出される。

6
ところが予定に反して、ランボーが救出ヘリとの合流地点に助け出した捕虜を同行してくる。 娘役も今回初登場だし、感情移入もできないし、そんな娘がチンピラにさらわれて、救出し、復讐するストーリーは、陳腐すぎませんか?ランボーのタイトルが泣きますよ。

ランボー 怒りの脱出のレビュー・感想・評価

文章そのものも短かくてつまんねぇし。

ランボーの手元に残ったのはナイフと弓矢だけでした。 果たしてこれが、ランボーの本当の意味での最後の戦いとなるのか。