【ポケモンGO】エスパータイプの一覧と弱点まとめ|ゲームエイト

初代ではパーはすら自習得せず、系列の得意技となっていた。 既存勢では、、が偶に対戦で姿を見せている。

第四世代 最悪のタイプを併せ持つが登場 、さらに各種弱点技の増加および仕様変更により以前に増して弱点を突かれるようになった。 ドわすれ 0 0 20 変化 自分 あたまを からにして いっしゅん なにかを わすれる ことで じぶんの とくぼうを ぐーんと あげる。

エスパータイプ (えすぱーたいぷ)とは【ピクシブ百科事典】

既存ポケモンではゴチルゼルの特性遺伝が可能になり、能動的な「かげふみ」が登場したが、こちらはにその役目を完全に奪われてしまった。

12
25 初出: 一覧• ラティオスなども「」を武器にしたドラゴンタイプのアタッカーとして扱われる機会の方が多くなり、エスパー複合が足枷と見做される場面さえ出てくるようになった。 エスパータイプはその対象から外れたばかりか、 増加した2タイプ共に弱点を突かれるという非常に厳しい立場に置かれてしまった。

【ポケモンGO】エスパータイプの一覧表/弱点と相性

既存勢は、などのにを追加されたポケモンの勢いが強く、フーディン、ヤドランなども隠れ特性による強化を受けた。 一応、ダブルバトルでは、がアタッカー兼の始動役として立場を保っていた。

一見地味な「スターミー」も攻撃と防御が高く、ハイドロポンプを覚える事が出来ればかなり使えるポケモンです。

【ポケモンGO】エスパータイプの一覧表/弱点と相性

(ガラルのすがた)• スプーンまげ 0 80 15 変化 単体 スプーンを まげて ちゅういを ひき あいての ポケモンの めいちゅうりつを さげる。

14
ゴーストタイプには 「」無効、あくタイプには 「」強化が入りエスパーの戦術をことごとく封じ込んでゆく始末。 特性の効果が発動するタイプは全てエスパータイプの弱点である。

【ポケモンGO】GOロケット団したっぱのセリフ別使用ポケモンとおすすめ対策パーティ

ミュウツーが覚える技「」を発動させようものなら ただでさえ高い「とくしゅ」が2段階も上がる。

8
なおこの技は特殊技であり、物理技は更に火力が低く火力不足が深刻。 また最近では超常現象という点でとのモチーフ被りが少し見られ、このタイプとの複合になることも増えてきている。

【ポケモンGO】エスパータイプの一覧表/弱点と相性

・は 太字で記載。 エスパータイプの象徴といえる攻撃技がで、ほぼすべてのエスパータイプが覚えられる。 25倍のダメージ幅になる。

7
その後、では苦手な、の追加、技、むし技の強化でした。 詳細は「」の記事を参照。

エスパータイプとは (エスパータイプとは) [単語記事]

第5世代以降は補正を受けるようになった上ちょっと威が上がったが、半減・効化されるようになったことに注意。 さいみんじゅつ 0 70 ptは60 20 変化 単体 ねむけを さそう あんじを かけて あいてを ねむりの じょうたいに する。 複合タイプであればもう一つのタイプの弱点を突けばよいが、エスパー単タイプだと強力な物理技で対抗するほかなかった。

3
当のミュウツーは 様々な技を器用に使いこなすポケモンとして使われ、初代からの変化を感じさせる大会となった。 「すばやさ」は二極化する傾向にあり、「中速帯」と呼ばれる80前後にいるポケモンはさほど多くない。

エスパー

第八世代 、、、、など、強ポケモンの多くが未登場となってしまった。 第六世代 がメガシンカ形態を2種類与えられ、ランダムフリーではミュウツーがいわゆる「伝説厨」の相棒として活躍。

14
『DP』当初この技は命中率が 70に引き上げられ、更にゲーム内の仕様変更で「ねむり」「こんらん」が 最低でも2ターン続くことになったため、火力インフレも手伝って 「高速ポケモンの『さいみんじゅつ』で眠らせて2ターン高火力技をぶつけるだけで試合が終わる」というワンサイドゲームがあちこちで展開されてしまった。 とくに苦手なを無効に出来る点は大きい。