所得税計算のための源泉徴収税額表に関する基礎知識3選

このため、毎月の給与計算におきましても、 「 課税対象となる給与・役員報酬の 支給額」から「 社会保険料・ 雇用保険料の 公的保険料」を控除した金額 に基づいて「源泉所得税」を算定することが必要となります。 給与支払報告書は、従業員の各住所地の市区町村宛に送付するため「この市区町村には何名分提出します」という表(総括表)を併せて提出することになります。 残りの部分については40. その他の記載事項については国税庁HPで公開されている「」をご覧ください。

13
給与計算・給与明細発行を簡単に実施したいと考えているご担当者様は、勤怠管理・休暇管理も合わせて効率的にペーパーレスで実施したいと考えている方が多くいらっしゃいます。 そのための制度として、年末調整が設けられています。

源泉所得税の甲欄乙欄とは?源泉所得税額を自分で簡単に確認する方法

以上で源泉徴収票が完成しました。 900万円〜1,800万円以下 33%(税額控除額:1,536,000円)• 2)『「甲欄」における「所得税額」』の記載箇所 「 扶養控除等申告書」が従業員・役員から 会社に提出されている場合には、 『「源泉徴収税額表」の「 甲欄」』を使用して、「源泉所得税額」を算定することになりますが、 当該記載箇所には、 上記1)でご紹介させて頂きました「 社会保険料等控除後の給与等の金額」 に応じた「 源泉所得税額」が記載されています。 乳幼児や小学生、中学生などの16歳未満の扶養親族はここではカウントされません。

乙欄を使用する人は自ら確定申告する必要があります。

給与天引きの所得税はどう決まる?給与明細の超基本の見方

源泉徴収税額表を見れば、すぐに金額を確認できます。 これを「源泉徴収」と呼びます。 695万円〜900万円以下 23%(税額控除額:636,000円)• つづいて「年末調整をしなかった場合」の提出義務の要件についてご紹介します。

所得税というのは、1年間の所得に応じて所得のあった人が支払う税金のことです。 一定の要件を満たす人についてのみ源泉徴収票の税務署への提出が求められているのです。

源泉徴収票と給与支払報告書の書き方の全て

そのため、給与支払いの際にあらかじめ源泉所得税を納めることになっています。

12
下記にある 電子計算機等を使用して源泉徴収税額を計算する方法を定める財務省告示 に、もとづいて、給与計算ソフトは作られているからです。 源泉徴収する金額を計算するのに使う源泉徴収税額表には、次の3種類があります• 源泉徴収税額表と照らし合わせる 毎月の給与計算では、社会保険料等を控除したあとの給与と「給与所得の源泉徴収税額表」を照らし合わせることで源泉徴収月額を求めます。

所得税の計算結果が、税額表と違っている

その従業員・役員の方の「社会保険料等控除後の給与等の金額」が 当てはまる『「源泉徴収税額表」の「 社会保険料等控除後の給与等の金額帯』に対する 『「 乙欄」 に記載されている金額』を把握することで、「 源泉所得税額」を算定することができます。 「甲欄」で源泉徴収する「源泉徴収税額」• なお、「丙欄」は「日額表」だけにあります。 電子計算機等を使用して源泉徴収税額を算出する方法• 「甲欄の税額欄」の上に記載されている「 扶養親族等の数」が 「 交差する箇所」に「それぞれの場合の 源泉所得税額」が記載されていますので、• 手順1で求めた[社会保険料控除後の給与等の金額]から、手順2で求めた[給与所得控除の額]、手順3と手順4で求めた控除の額を引いて、[その月の課税給与所得金額]を算出します。

26円」という計算で、源泉徴収税額は 1円未満切り捨てで 61円となります。 経費は、事業を行っているのであれば設備機器代や従業員への給料、副業や投資を行っている場合はその勉強代や手数料が該当します。

日払いの給与と源泉所得税の注意点

利息として入金される金額は 400円から源泉徴収税を差し引いた「 314円」です。 これらの計算方法の違いにより、月次の所得税額に数十円~数百円くらいの差が生じる場合があります。

8
社員へ支払う退職金や、外部に支払う報酬、また株主への配当金も源泉徴収されています。