社会を変革するテクノロジー「量子コンピュータ」の現状と未来

それでは、日本における量子コンピュータの現状はどうなっているのでしょうか。 ただし、GPUやFPGA、TPU等が古典計算であるのに対して、量子性を使った量子計算であることが本質的に異なります。 上のように電子銃からいくつかの電子を発射する場合を想定します。

12
5 非万能量子コンピュータ 量子スプレマシーを実証した後、スケーラビリティやエラー耐性が無く、まだ万能な量子計算に至らない開発段階があります。

量子コンピュータを本で学ぶときのおすすめの5冊 |AI/人工知能のビジネス活用発信メディア【NISSENデジタルハブ】

交差点での待ち時間の発生を抑えるために、経路を分散させる必要があると気づいた訳です。

1
量子力学が直感と反する様は、かのリチャード・ファインマンも「もしも量子力学を理解できたと思っているならば、それは量子力学を理解できていない証拠だ」と表現したほどです。

日本生まれの量子コンピュータ

「近い将来」を5年以内と仮定すれば、2021年までには100量子ビットを実現できる。

6
実際に作られたIBMやGoogleのチップでは、近接する量子ビット間を、パラメーターで様々なゲート機能を実現できる少数のゲートで接続し、アルゴリズムの実行に伴ってパラメーターを変化させることで、量子回路で表現されたアルゴリズムを実現している。

量子コンピュータを本で学ぶときのおすすめの5冊 |AI/人工知能のビジネス活用発信メディア【NISSENデジタルハブ】

任意の1量子ビットに対するユニタリー行列は以下の形式で表現される。

9
この形式は 「Hybrid Quantum-Classical Architectures」と呼ばれ、NISQは古典コンピュータの アクセラレーター(加速器)として機能します。

量子コンピュータとは|古典コンピュータとの違い、実用化の最前線、AIとの関係まで

1 万能型 あらゆる量子計算を記述することができます。

MUFG Digitalアクセラレータ 2018年3月16日、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループとその子会社である株式会社三菱東京UFJ銀行から新事業の取り組みとして、アクセラレータ・プログラム「」の第3期に弊社MDR株式会社が「量子コンピュータアプリケーション及びハードウェア開発」の事業内容として採択されたことが正式リリースされた。 初心者でも理解しやすい量子コンピュータの入門書を5冊紹介する。

量子コンピュータを本で学ぶときのおすすめの5冊 |AI/人工知能のビジネス活用発信メディア【NISSENデジタルハブ】

これにより桁数の多い計算が高速にできるようになりました。 量子コンピュータを実現するハードウェアは、ゲート型、アニール型、ニューラルネットワーク型の異なる3つのアプローチがあり、現在インターネットを介して実機を体験できるクラウドウェブサイトは、IBMのゲート型15ビットマシン、D-WAVEのアニール型2000ビット、1万2000結合マシンが存在する。

3
そしてメモリーというのは総称名でメモリーは「 ビット」という物が集まって出来ています。 宮野健次郎、古澤明:「量子コンピュータ入門」 第2版 、日本評論社、(2016年3月3日)。

量子コンピュータを本で学ぶときのおすすめの5冊 |AI/人工知能のビジネス活用発信メディア【NISSENデジタルハブ】

将来的には顧客企業や社会のニーズに合わせ、問題の規模が全結合で10万量子ビット相当で対応できます。

9
理論的には、量子回路モデルでは汎用的な量子計算を記述することができて、古典コンピュータができる計算はすべて量子コンピュータにより計算できるのですが、実際には、当面の間は古典コンピュータの一部をアシストするために使われると考えられています。

量子コンピューターの “よくある誤解” Top10ーQmedia

IT産業は 集積回路の改良以外で、コンピュータの性能を上げる方法を模索する必要性に迫られています。 The Telegraph 2019年1月8日• また、巡回セールスマン問題の厳密解が量子計算や量子アニーリングによって効率よく求められたという報告もなく、「量子コンピューターは巡回セールスマン問題が得意」も証拠不十分でしょう。 古典コンピュータでは計算できなかったようなものや、膨大なパターンの組み合わせなどから最適なものを導き出すなどといった計算を瞬時に行えるようになるでしょう。

6
樽茶教授は「スピン量子ビットを使った量子コンピュータは基礎研究が中心の段階から、集積化をしながら研究をするエンジニアリングの段階に入っている」とし、集積回路の製造技術を持つ企業に協力を呼びかけている。 量子ビットの集積技術は汎用量子コンピュータにとっても重要な技術であり、アニーリングマシンのために開発した集積技術に加えて、一部のアルゴリズムを適用できるためである。