バイクのマフラーとは。サイレンサー(消音)・交換|チューリッヒ

パイプ外径 サイズを選ぶ際に気にすべきはテール外径です。 個人的には、最近はこの多段膨張式に興味があります。

17
ひとつは、ストレート構造。

マフラーに装着するサイレンサーってなに?

ほんの僅かなのですが、メリハリのある走りが好きな自分としては、反転式サイレンサーのほうが楽しめました。 マフラー出口にサイレンサー本体をネジ止めするだけでも効果が得られるので、帰宅直前につける、車検前につけるなど、便利に使うことができます。

8
メリットは ・・・ ・軽い ・高回転型にしやすい(ピークパワーを出しやすい) 逆にデメリットは ・・・ ・経年劣化が激しい(音がデカくなる) ・定期的なメンテナンス もしくは交換が必要 ・チャチなサイレンサーが出回っている ・音量が大きい傾向がある お手軽なサイレンサーでもあるのですが、意外にも面倒な点も多いものです。

バイクのマフラーとは。サイレンサー(消音)・交換|チューリッヒ

適度な音量で排気音を楽しみたいという方はインナーサイレンサーの変更や導入をしてみてください。

タイコのあるマフラーはサイレンサーをそのまま装着することで効果を得ることが可能ですが、タイコがない「フルストレートマフラー」「直管マフラー」では消音効果があまり出ないことがあります。 多段膨張式サイレンサーは、この点で最強なのは言うまでもありません。

テツ流 手作りマフラーのススメ!! 買うのではなくて作ると言う発想 サイレンサー編 乃万

近接排気騒音値が新車時に確認した騒音値+5dB以下であること などの点について法改正が行われました。 まず、パンチングパイプが二重構造となっていて、さらに隔壁で3つくらいに分けられています。

6
バッフルといえば、ほとんどがサイレンサーの出口に取り付けるものですが、装着した時と非装着の時の音質の違いを聞いたことがある方にはわかるでしょうが ・・・ 音が抑えられるというよりは、低音だけが押さえつけられているような ・・・ もちっと言うと、 すかしっ屁 のような ・・・ パスパス音になります。

NOJIMA

これらは、パワーを求めると言うよりも、そのほとんどが「経年劣化」の抑制といったところのようです。

7
んで、そのサイレンサーですが、実は二種類所有していたのですよ。 製品設計として、ノウハウを蓄積したわけではないのでエラソーなことは言えないのですが ・・・ 自作マフラーを作るうえで、切った張ったの試作実験をやった際に、その差に驚いたことが多々あります。

バイクのマフラーとは。サイレンサー(消音)・交換|チューリッヒ

出足から、中回転のトルクが一回り、太いのです。 そして、自作するのであれば、なおさらのこと、選んでおく必要は有ると思います。

8
近接排気騒音の測定方法を国際基準に変更• もちろん、グラスウールの質も重要です。 音量があまり変わらないときは? マフラーにはタイコと呼ばれる箱のようなものが途中に設置されています。

バイクのマフラーとは。サイレンサー(消音)・交換|チューリッヒ

サイレンサーのサイズの見方 インナーサイレンサーのサイズ表記には3つの値が設定されています。 マフラーの口径に対し、適合するサイレンサーのサイズが決まっています。 高いマフラーメーカーのサイレンサーは、大体凝った作りをしています。

マフラーを変えて気持ちよく速く走りたい!でも自宅周辺ではご近所さんに配慮したい、という方に取り入れていただきたいパーツです。 そのようなときは、ウールと呼ばれる綿や、ステンレスたわしをサイレンサーの細い管の周りに巻きつけ、サイレンサーの密閉度を上げることで効果が現れます。

テツ流 手作りマフラーのススメ!! 買うのではなくて作ると言う発想 サイレンサー編 乃万

さらに2017年12月には交換用マフラーに関する騒音規制も改訂されました。

14
テール外径• アフターマーケットのサイレンサーのほとんどがこれに当たります。 どうしても高回転のピークパワーも抑えられてしまうのですが、そこは、キャパを引き上げることで対処します。