ドコモ あんしんパックは必要?ケータイ補償サービスだけ残して解約│スマホのススメ

dカードケータイ補償とケータイ補償サービスの違いについて見ていきましょう。

7
【手続き方法】My docomo・電話・ドコモショップの3つ 交換用端末を送ってもらう手続き方法は「My docomo」「電話」「ドコモショップ」の3つがります。

ケータイ補償サービス for iphone and ipadとapplecareを比較

Apple製品をご利用の場合は、Apple正規サービスプロバイダまたはApple Storeで故障修理不能である事を確認し、補償対象外修理サービスで端末交換を行った旨の記載がある書面の写しが必要です。 あんしん遠隔サポート• こちらは「交換電話機のお届け」を利用した場合に限定されるため、修理を希望する場合は割引サービスが適用されません。

1
またはしょっちゅう何かしら起きている人は2年間に2回ではなくて、1年間に2回補償が受けられる方がより安心する、という人もいることでしょう。

iPhoneのバッテリー交換の費用を比較してみました

ただしその場合には、お金を払ってドコモでの修理となり、さらに日数もかかりますし、代替機を借りたり返したりの面倒くささがあります。

10
また、エクスプレス配送には3,000円の送料が別途必要です。

ドコモのケータイ補償サービスは必要か?iPhoneの保証「Apple Care+」との比較も

比較して見ていきましょう。 今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん 機種変更もできちゃうんです。

補償内容の範囲は同じく水ぬれ、全損、紛失、盗難、破損、故障で、購入から1年を超えた自然故障 が対象となります。 どちらの補償にも入っていない場合(AppleCare)は、かなり高額になってしまいます。

ドコモでiPhone使う時「AppleCare+」とケータイ補償サービスどっちがいいか?

サービスに加入していれば2年以降も補償が受けられます。 しかし、 補償期間や修理回数、修理代金や紛失・盗難時の補償について考えると、ケータイ補償サービスの方がお得です。 ケータイ補償 :月額750円(年間9,000円)• ケータイ補償サービスは、以下の3つの場所から申し込みができます。

次に、AppleCare+ for iPhoneの概要をまとめてみました。

スマホ補償サービス徹底比較※おすすめ保証をランキングで大公開

費用も抑えられますし、補償の利用回数も消費しません。 なお、dカード利用代金が補償金額に満たない場合には、その差額を決済口座へ振り込みます。

1
交換電話のお届け 水濡れや紛失、全損などあらゆるトラブル時に1年間に2回まで7,500円で自宅に交換電話機(リフレッシュ品)を届けてくれます。 (新しい端末の月々サポートは受けることができます) 端末購入サポートを利用していた場合は、規定利用期間の12ヶ月以内に機種変更を行うと高額な解除料が発生してしまいます。